福祉サポートセンターあすなろにおける新型コロナウイルス感染症罹患者の発生について(第2報)

 福祉サポートセンターあすなろでは、新型コロナウイルス感染防止に対応するため、利用者様の安全に配慮した対策を講じてまいりました。

 その中で、令和3年4月8日(木)にグループホームの利用者様2名が、PCR検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

 その後、関係部署の全職員等と利用者様、関係者にPCR検査を実施した結果、令和3年4月10日(土)に新たに利用者様2名、職員等4名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

 現在、福祉サポートセンターあすなろでは引き続き、利用者様の安全確保を最優先に考え感染拡大防止の対策を行っていくとともに、当該部署におきましては人の出入りを無くした上で、接触があった者についても自宅待機を命じております。

 今後の対応につきましては、茨城県及び所管保健所等と連携のうえ施設内でのさらなる感染拡大防止に努めてまいります。

 このたびは、関係者の皆様には多大なるご迷惑とご心配をおかけすることになりましたことを深くお詫び申し上げます。

令和3年4月12日

 福祉サポートセンターあすなろ